タイ風ラーメンとは思いきったネーミングですよね。
しかも、「化学調味料を使わない」「骨から取る純粋スープにあくまでこだわる」「ギトギト油を入れない」などなど、ガンコで地味な正攻法がモットーの“からから亭のラーメン”のラインナップ中であることを考えると、特に。言ってみれば、浮いてますよね。でも、一度、このラーメンを食べてみると、このタイ風が、気をてらった打ち上げ花火でないことがわかるんです。
現に、これがないと生きていけな〜い!なんて人もいたりするとか。
 西原麻知子さんの場合

 これやったら毎日でも食べたいです〜っ!
 浪速の美人写真家をつかんで離さないタイ風ラーメンとは?


「以前からタイ料理が好きで、新宿の現像所に出かけると、必ずタイのスパイシーなヌードルを食べていました」というタイ料理フリークの西原さん。

「ず〜っと経堂にタイ料理がないのが不満だったんですけど、その不満が“からから”のタイ風ラーメンとの出会いで解消されたんです!」とまで言い切る。

そのタイ風ラーメン。からからの栃木さん夫妻の友人に大使館に勤めるタイ人の親子がいて、タイ料理がポピュラーになる前から、タイ料理に親しむ機会が多かったところから発案されたという。

「たまらないのは、コリアンダーの爽やかなスパイシーさ!プラス、香り高いナンプラーの旨味と甘酸っぱさが、絶妙に溶け合ってるところですね。からからの細麺がなぜかタイ風の味付けにマッチしているのも声を大にして言いたいですね」

タイ風ラーメンについて語りだすと、本当に声のトーンが高くなる西原さん。「最高だと、一週間に5回もタイ風ラーメンを食べた記録も!女性にはウケる味だと思います」西原さんは人物撮影中心に活動する写真家。写真に興味のある方は、からから亭でタイ風ラーメンに没頭する西原さんを見かけたら、声をかけてみては?


▲TOP